ルームシェアビジネス版はコワーキングの理解が第一歩。

ルームシェアービジネス版 コワーキング

ルームシェアという言葉をきくと、寝食を共有スペースで過ごすというイメージを抱きがちです。しかし、ビジネス版ルームシェアとは、簡単に表現すると共同の事務所で働くイメージです。しかしこの形は弁護士事務所などでもみられる間貸しのようなもの。こういったスタイルは業界によって昔からあったものです。現在はこれに加えて、コワーキングというワークスタイルが備わります。

会社設立を目指す人が頭を悩ます問題。それは事務所を構えること。人を雇い入れることです。これらの家賃や人件費は固定費とされ、必ず毎月支出されるもの。経営していくためにはなるべく抑えたい費用です。しかし、大きな仕事を得るには人もスペースも必要です。従来は大きな仕事を成し遂げるためにしばらく固定費と収入のバランスがとれるまで我慢する日々が必要でした。

しかし、コワーキングという働き方が知られはじめ、この問題は一転しメリットと化します。個人で働く人間が共同でひとつの事務所を借り家賃の負担を抑えられるように。打ち合わせスペースを確保でき、さらに大きなプロジェクトを受注した際には個人の能力を掛け合わせて協力しながらビジネスを成功させる。こんな働き方が広がりはじめています。

ルームシェアービジネス版 コワーキング

コワーキングとは

コワーキングとは、つながる働き方。これからの新しい形。

どこまで広がるか

どこまで広がることが可能なのか探ってみましょう。

契約上の問題点

契約上の問題点を考えてみましょう。最初に留意しておく。

リーダー企業が必要

効率的なビジネス展開のため、リーダー企業が必要です。

ルームシェアービジネス版 コワーキングコワーキングとはどこまで広がるか契約上の問題点リーダー企業が必要サイトマップ

Copyright(C) 2011 - ルームシェアービジネス版 コワーキング - All Rights Reserved.